飽きてくるとモモやイチゴといった果物が入ったものを食べていました

僕は昔からボディが凄いわけではないのですが、更におなかが弱いです。最近では良くなってきたのですが、それまでは終始5時以上ダノンビオヨーグルトを常々食べ続けていました。最初はプレーンだったのですが、飽きてくるとモモやイチゴといった果物が入ったものを食べていました。

これは薬ではないというところが気に入りましたね。薬も飲んでいるのですが、食前ですとか食後ですとか6期間あけるとか、どうにも縛りがあって忘れてしまうこともあるんです。煩わしいという面もありますね。但し、ヨーグルトなら食べ忘れても断然症状が出るということもありませんし、取る時間帯も権利だ。

ですから気軽に続けられました。上、ダノンビオヨーグルトってうまいですよ!無糖はすっぱくて食べられませんが、それ以外であれば特性どれも美味しいだ。

後は果物の好きかと。僕はついお風呂上がりに食するという慣習がついていたので、それをしていたら食べ置き忘れることもなくなりました。熱いお湯からあがってから召し上がるのは美味いだ。

また、乳酸菌だけでなく野菜もらないととしてからは、野菜飲み物も常々飲んでいる。成人が1日に採り入れるべきだと推奨されて要る野菜嵩をいつものメニューで補えるはほんとに思えません。ですから少なくとも飲み物1杯も飲めばボディに悪いことはないだろうと始めました。これもヨーグルトと同じピークぐらいですね。さらに続けている。

青汁も考えたのですが、単価が高いことから販売でもらえ、定期的に訪れるものにはしないことにしました。

その方が思いが楽です。冬はまずまず刺々しいので呑む機会が少なくなりますが、やっぱこれもお風呂上がりに飲み込むようにしています。ゼニカル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です